スポンサーサイト

  • 2017.01.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    さといもと白菜とトマトのジュース。

    • 2017.01.06 Friday
    • 15:23

    お正月で疲れた胃や肝臓にさといものジュースを!

     

     

    [材料(1杯分]

    ◎里芋・・・・・・・・・1個
    ◎白菜・・・・・・・・・1枚
    ◎トマト・・・・・・・・1/2個

     

    [作り方]

    1.さといもはこすり洗いし、皮をむく。
    白菜は水につけておく。
    トマトは流水で洗う。
    2.材料を適宜切り、低速ジューサーで搾る。


    新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申しあげます。

    さて、今年最初にご紹介するのははさといものジュースです。

     

    山でとれるものを山いもと言い、里でとれるものを里いもといいます。さといもはマレー半島が原産といわれますが、日本には縄文時代中期、稲作が始まる前にすでに大和民族が主食にしていたという説もあります。何時頃、誰がどういうルートで持ち込んだのでしょうね?

     

    さといもは日本人の大好きな食べ物です。各地で催される芋煮会の主役であり、お雑煮の中に入れる家もあります。けんちんや煮ころがしなどもおいしいですね。

     

    そのさといもの主成分はでんぷん質ですが、水分が多いので低カロリー。また、ビタミンB1、B2が豊富で、いもの中ではカリウムがもっとも多いのが特徴です。
    そして、さといものぬめり成分ガラクタンは血圧を下げ、免疫力をアップ。ネバネバのムチン質は胃腸の働きを助け、肝臓を強化するといわれています。

     

    お正月の暴飲暴食で疲れた胃や肝臓に、そして新年会の前の1杯にぜひおすすめのジュースです。低速ジューサーでお試しください。


    低速ジューサーイキイキ酵素くん専門通販 酵素くん.com

    ゆずとれんこんとりんごのジュース。

    • 2016.11.30 Wednesday
    • 09:31

    風邪で体力が落ちたと感じたら、ぜひ、お試しください。

     

    yuzu

     

    [材料(1杯分)]

    ◎ゆず・・・・・・・・・1/4個
    ◎れんこん・・・・・・・100g
    ◎りんご・・・・・・・・1/2個

     

    [作り方]

    1.れんこんとりんごはこすり洗い。
    2.ゆずは皮をむき、種をとり、りんごは皮付のまま種をとる。
    3.材料を低速ジューサーで搾る。

     

    桃栗3年、柿8年、柚子は9年で成りかかり、梨の大馬鹿18年といいます。
    ゆずは種をまいてから結実するまで9年もかかるそうです。梨18年?ホントかなー。
    ところで、2016年今年の冬至(トウジ)は12月21日です。冬至といえば「ゆず湯」。我が家でも例年ゆず湯にします。ゆず湯は血行をよくし、体を温めることから風邪の予防に良いとされ、肌もすべすべにしてくれます。
    香りが良く心癒されるバスタイム。私は「ゆず湯」が大好きです。

    また柚子は栄養価も高く、ビタミンC,A,P。ミネラルではカルシウム、カリウムなど、有機酸ではクエン酸などが含まれています。
    風邪の予防、体内の浄化作用、動脈硬化の予防や疲労回復、美肌作用に効果があるといわれています。

    れんこんは滋養強壮効果が大きいといわれ、ビタミンCも豊富。コラーゲンの生成を促し、丈夫な粘膜をつくるといわれています。りんごには病気の原因となる活性酸素を除去する働きもあり、ゆず、れんこん、りんごのトリオは風邪に負けない抵抗力をつけてくれます。

     

    今年は秋が短くいきなり冬に突入した感じですが、これからの季節ゆずとれんこんとりんごを低速ジューサーでしぼり、風邪に負けない体力をつけましょう。是非お試しください。


    低速ジューサーイキイキ酵素くん専門通販 酵素くん.com

    りんごとブロッコリーと茎のイチオシジュース。

    • 2016.10.05 Wednesday
    • 13:37

    生活習慣病予防のゴールデンコンビ。だるさの解消で体のリフレッシュを。

     

    ringo1

     

    [材料(1杯分]

     

    ◎りんご・・・・・・・・・2/1個
    ◎ブロッコリー・・・・・・小房2つ
    ◎ブロッコリーの茎・・・・3/1個

     

    [作り方]

     

    1.りんごとブロッコリーを水洗いする。
    2.りんごは皮つきのまま種をとり適宜切る。
    3.材料を低速ジューサーで搾る。

     

    スーパーでりんごの特売が始まりました。りんごのおいしい季節がやってきました。そしてりんごはジュースの王様。どんな野菜や果物とトッピングしても相性がいい果物です。

     

    我が家では例年6,7,8の3カ月を除きりんごがジュース材料の主役となります。りんごの他かかせないのが人参とレモンです。その他は冷蔵庫に入っている葉物野菜を入れています。

     

    ブロッコリーがあればその時はりんごとブロッコリーのジュースにします。
    りんごは欧米では「りんごの医者いらず」といわれ、1日1個のりんごは体に良いとされています。

    ブロッコリーの房(つぼみ)はビタミンCがレモンの約2倍ふくまれているといわれ、活性酸素を防ぐケラセチンが豊富に含まれています。


    又茎の方は房よりもさらに2倍のビタミンCがふくまれ、酵素食療法にもかかせない食材といわれています。

    いずれにしてもりんごとブロッコリーは味的にも相性が良く、朝一杯にぴったりのおいしくて、栄養価の高いやみつきになるジュースです。ぜひ、お試しください。

     

    低速ジューサーイキイキ酵素くん専門通販 酵素くん.com

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM